Tips.レポートで表示する文字数に応じてフォントサイズを変更して文字欠けを防止する方法

表示する内容が可変の場合、想定される最長に合わせてフォントサイズを決めてしまうと小さすぎることがあります。

また、プロポーショナルフォントの場合、文字によって文字幅が決まるため、この方法でも文字欠けが発生する可能性があります。

文字欠けを防ぐには、実際のFormat時にどれだけの幅をとるかを取得して、動的にフォントのサイズを変更する必要があります。

ここでは、その方法を説明します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です