リレーションシップ

リレーションシップ

テーブル同士の関係を設定するものです。リレーションシップを設定しておくことで、テーブルを表示した際に親子関係が見やすくなったり、データの不整合が発生しないように制約を持たせることができるようになります。

制約

親子関係にあるテーブルにおいて、データの扱いに制約を持たせることができます。Accessでは次の3つの制約を設定することができます。

  • 参照整合性
  • フィールドの連鎖更新
  • レコードの連鎖削除

参照整合性

親マスタに存在するデータしか子マスタに追加できないように制限します。

また子マスタから参照している親マスタは削除できないように制限します。

この制限によって、子テーブルに対応する親テーブルが必ず存在することが保証されます。

フィールドの連鎖更新

親側(一側)のキーを修正した場合に子側(他側)も同時に更新します。

子側の変更の場合は連鎖更新は行われません。

レコードの連鎖削除

親側(一側)のレコードを削除した場合に子側(他側)も同時に削除します。

子側の削除の場合は連鎖削除は行われません。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です