メンテしやすいソースコード

1.スコープが明確

むやみにPublic変数を使わない。

Private関数はそれと分かるよう命名する。おススメは、末尾をアンダーバーにすること。

※ VBAでは関数名の先頭にアンダーバーが使えない。そこで致し方なしにアンダーバーを関数名の後ろにつけている。

2.勘違いしにくい

あえて式に丸カッコを入れて優先順位を明確にする

  • y = 1 + 2 * 3
  • y = 1 + (2 * 3)

乗算は加算より優先されるので丸カッコなしで書いてもOKですが、あえて下のように記述するほうが読みやすい(脳みその負担が減る)

 

3.変数の役割が明確

フラグを表す変数の末尾に「F」「Flg」等を付ける。

 

4.エラートラップが明確

エラートラップが明確

On Error GoTo SysError_Handler

‘(ここに処理を書く)

Exit_Handler:
On Error Resume Next ‘エラーの輻輳が起きないようにエラーを無視する
‘(終了時に必ず実行しなければならない処理を書く)
Exit Sub
SysError_Handler: ‘エラー時はここへ飛ばす
Resume Exit_Handler ‘必ずExit_Handlerを通過することを保証する
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です