セキュリティー警告の表示を抑制する方法

セキュリティー警告の表示を抑制する方法は3つあります。

  1. マクロのレベルを下げる
  2. 「信頼できる場所」にAccessの実行フォルダを登録する
  3. ソフトウェア証明書を付ける
  4. パッケージ化する

ただし、1および2の方法はランタイムでは使用できません。なぜなら、マクロのレベル設定画面自体を表示できないからです。

以下は、Access2003でモジュール(VBA)からマクロレベルを変更する方法です。

Access2003でVBAによるマクロレベルの変更方法

‘ [ツール] メニューの [参照設定] で “Microsoft Office 11.0 Object Library” を参照します。

Dim cBars As Office.CommandBars

Dim cBarCtl As Office.CommandBarControl

Set cBars = Application.CommandBars

‘ [マクロ] の [セキュリティ] ボタンの ID (識別子) ‘3627’ をセットします。

Set cBarCtl = cBars.FindControl(msoControlButton, 3627)

‘ セットしたコマンドバー コントロールを表示します。

cBarCtl.Execute

 

以下はAccess2007でレジストリを直接編集して「信頼できる場所」を登録する方法です。

Office 2007 の信頼できる場所をレジストリから設定する方法

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Access\Security\Trusted Locations  の下に「Location<数字>」というキーを作ります。

(※レジストリキー中の「Access」の部分は、アプリケーションによって「Excel」、「Word」になります。)

<数字>の部分は「0」からの連番となります。既に作成されている場合は次の最大値の次の番号を付けて下さい。

上記の下に登録したい場所を設定します。正式には4つのキーを登録する必要がありますが、最低限「Path」だけ設定すれば動作するようです。

Path 文字列値 信頼できる場所に追加したいフォルダ 必須
Date 文字列値 設定日時 省略可
Description 文字列値 説明 省略可
AllowSubfolders DWORD(32ビット)値 サブフォルダも信頼するかどうか 省略可

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です