サブクエリーに関するTips

=ANY

等しいものが少なくとも一つでも存在すればOK。INNER JOIN
では該当するものが複数ある場合にすべて結合されてしまうが、=ANYは結合は行われない点が異なる。

>ANY

大きい物が少なくとも1つでも存在すればOK。要するにすべてに対して値が等しいか小さいものを除外したもの。

<ANY

小さい物が少なくとも1つでも存在すればOK。要するにすべてに対して値が等しいか大きいものを除外したもの。

=ALL

いずれとも等しい。これは値が1種類しか存在しない場合のみ条件を満たす。使うことはない。

>ALL

いずれよりも大きい。

<ALL

いずれよりも小さい

IN

=ANYと同等

NOT IN

IN の反対

EXISTS

INとよく似ているがINより広範囲に使える。等号以外にどんな条件でも書ける。条件を満たすレコードが1件以上存在すればOK

NOT EXISTS

EXISTSの反対

DISTINCT

選択した項目に重複するものがあれば取り除いて一意にする。DISTINCT ROWとは異なるので注意。

DISTINCT ROW

選択していない項目も含めて重複するものがあれば取り除いて一意にする。DISTINCTとは異なるので注意。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です