コンボボックス

ListBoxとの相違点

  • 複数選択はできない
  • 値の入力チェック、値の追加が出来る
  • リストの行数、リストの幅を指定できる。(ドロップダウンしたときの行数と幅。規定では16行、幅はコンボの幅と同じ自動)

チェック付きコンボボックス(複数選択可能なコンボボックス)

  • 複数選択可能なテーブル項目をコントロールにすることでチェックつきコンボになる。(Access2007の新機能)
  • チェックつきコンボは未選択の場合はValue=Null、選択時はValueに選択値が配列で格納される。まずNullかどうかの判定が必要。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です