クエリーに関するTips

クエリー内からの関数呼び出し

クエリー内に書いている関数はコンパイルの対象にならないのでうっかり関数を削除してもエラーにならないことに注意すること。

その他の注意点

クエリー中にフィールドを指定したつもりが定数になっていることがあるので注意

クエリーから定数を参照できない

更新クエリーの実行において、更新元のフィールド長が更新先より長い場合は、エラーとならずに黙って切り捨てられることに注意

Tips

クエリーの名称はアクションの種類をあらわす接頭語をつけるとともに、どの機能で使われるかをあらわす識別子をつけておくと管理しやすい。

クエリーから定数を参照できない。しかし、クエリー内に定数を直書きしては堅牢製に欠ける。定数を返却する関数を作成してそれを参照することは可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です