truncate table

Accessには、SQL ServerやOracleにある、truncate table がありません。

しかし、削除クエリーの「トランザクションの使用」を「いいえ」に設定することで同じことが実現可能です。

truncateでは全レコードの削除となりますが、この場合は条件付きで削除することも可能です。

テーブルごとに削除クエリーを用意しておくのは大変なので、truncate用の汎用的なクエリーを作成しておき、そのSQLプロパティを変更して実行するプロシジャーを呼び出すと管理が楽です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です