テーブル作成DDL

単一の主キーの場合(単一キー)

create table t1 (f1 text (10) not null constraint PK primary key ,f2 text(10) not null,f3 text (10) not null)

複数の主キーの場合(複合キー)

create table t1 (f1 text (10) not null  ,f2 text (10) not null,f3
text (10) not null ,constraint PK primary key(f1,f2))

なお、単一の主キーの場合でもこの形式で記述することが可能です。

書き方を統一するのであれば、単一キーと複合キーの両方記述できるこちらの構文を使う方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です